婦人

女性ホルモンを増やす方法を伝授します|魅力UPの方法

更年期の症状緩和に

顔を覆う人

基本的な治療方法

ホットフラッシュや頭痛、めまいやイライラなど、更年期障害は命にこそ別状はありませんが、さまざまな不快な症状が発症します。そんな更年期障害のおもな治療方法としては薬物療法が効果的で、とくにホルモン補充療法が主流となっています。ちなみにホルモン補充療法の薬にもエストロゲン単剤と黄体ホルモン製剤、エストロゲンと黄体ホルモンの配合剤の三種類があり、どれも錠剤が基本的に多いですが、中には貼り薬や塗り薬なども存在しています。またホルモン補充療法以外では漢方療法もあり、こちらは副作用も少なく幅広い症状に対応可能というメリットがあります。他にも更年期障害が精神的な影響を与えることもあるので、そういった場合は睡眠導入剤や抗うつ剤などが処方されることもあります。

それぞれの特徴

更年期障害の治療では、まずホルモン補充療法の場合はエストロゲンの補充療法がメインとなりますが、エストロゲンのみだと子宮がんのリスクが高くなるため、予防のために黄体ホルモンも使用されます。もっとも投与期間が短かったり、子宮を摘出している場合などはエストロゲンのみでも可能です。そして漢方薬の場合は全身の体調を整えてくれる効果が期待でき、西洋医学の薬と違って即効性にはやや欠けますが、ゆっくりと効果が出ることで体質改善にもつながります。またホルモン補充療法よりも気楽に使用できますが、症状に合ったものを選ぶことは素人には難しいため、薬剤師に相談して選ぶようにすることがおすすめです。他にもホルモンバランスを整える効果が期待できるために、ビタミンE剤や自律神経調整剤などが処方されることもあります。